美しい藤の花が見れる!足利フラワーパークのポイント

美しい藤の花が見れる!足利フラワーパークのポイント

藤の花

 栃木県足利市に位置する足利フラワーパークは、
藤の花を代表とする四季の花が咲き誇る
有名な藤の花の名所です。

 

代表的な花として、「藤の花」がありますが、
藤の花の種類は、大藤、白藤、
藤の中でも珍しい八重の藤(やえのふじ)など、
うす紅、紫、白、黄色の藤の花の順番に開花し、
約一カ月の間藤の花を楽しむ事が出来ます

 

その中でも、4月下旬から5月上旬にかけて咲き誇る
栃木県指定の天然記念物「大藤」を目当て、
GWに多くの観光客でにぎわいます。

 

美しい藤の花を見た後の食事はおまかせ! 楽天デリバリー

 

足利フラワーパーク 藤の花の様子

足利フラワーパークの駐車場

 無料大型駐車場が300台あります。
駐車場は混むものの、止められるとの情報がありますが、
何を見に行くか、いつ行くかによって、道路が非常に混みます。

 

  • 見頃の大藤を見に行く
  • GW(ゴールデンウィーク)中に行く

特に上記2点となると、佐野インターを降りる車での
大渋滞が起こります。渋滞を避けるのであれば、
早朝から足利フラワーパークに向かうか、
降りるインターチェンジを変更して、一般道を走って行くか
が渋滞を出来る限り避ける方法になります。

 

とは言ってもそこはGW。早朝から足利フラワーパークに向かい、
開園時間を目指して出かけるのが良いです。
毎年大藤の開花状況も良くなるGWは込み合うのは想定しておきましょう。

 

 移動手段は出来る限り、見頃の大藤、GW中になる場合は、
公共交通機関の利用を推奨します。

 

藤の花の咲き具合で入園料、開園時間が変わる

 足利フラワーパークは、花の咲き具合によって
入園料も変動する時価になっています。

 

入園料は当日の7:00に決定されて、大人300円から1,700円の
幅があり、値段がピークになるのは、ふじのはな物語という藤の花まつり
が開催される時期になります。

 

少々高い値段と思われるかもしれませんが、
満開を迎えた大藤の花は圧巻の見ごたえです。
それだけの価値があると私は思います。

 

夜間のライトアップも幻想的で美しい!

 夜間の部では若干入園料も下がり、日が出ているときとは違う
顔を見せてくれる藤の花が幻想的で美しいです。
夜間にこれない人もいるので、来場者の人数も減ります。

 

昼も夜もどちらも、「写真を撮れる物」を持っていきましょう!
携帯、スマホなどでも十分ですからね。

 

足利フラワーパークでの食事について

 足利フラワーパークの園内に食事をする場所はありますが、
シーズン中の食事は込み合って非常に大変です。
大藤の花の見頃でもあるGW中は、連日数万人が来場する入場者数です。

 

足利フラワーパークは藤の花を楽しんで、
食事は他の方法がおすすめ出来ます。

 

と言っても足利フラワーパーク周辺には、
食事をする場所はほぼないので、
佐野市内まで行き、佐野ラーメンを楽しむのも良いです。

 

デリバリーを活用してラクしてしまう手もあり!

 楽天デリバリーでは、デリバリー出来る有名店が多数出店しています。
つまみから、本格的料理まで、楽にお得に旨い料理、ドリンクを、
住所別に対応したデリバリー出来ます。

 

特にGWに人気でもあるスポットでは、
込み合うというのはGWの付き物と言ってもいいでしょう。
車でも、ちょっとした場所さえあれば、デリバリーで食事も
ドリンクも済ませる事が出来るので、おすすめな食事のひとつです。

 

世界一美しいと言われる、足利フラワーパークでの藤の花を
楽しんだ後は、デリバリーでラクしちゃいましょう♪

 

美しい藤の花を見た後の食事はおまかせ! 楽天デリバリー